当院で提供している施術は多次元操体法と言いますが、操体法という治療法がベースになっています。
このページでは操体法について詳しく解説します。

操体法の発祥

操体法は仙台市の医師の橋本敬三先生により創始されました。
橋本先生は西洋医学で治らない患者が民間療法で治っていくのを見て、いろいろな民間療法の治療家に頭を下げて教えを請うたそうです。

そして様々な治療法からヒントを得て、生き物は「気持ちよさで治る」という原理を見出し操体法という治療法にまとめられました。

創始者橋本敬三先生について

橋本敬三先生略歴

明治30年福島市生。
大正10年新潟医専卒。
同校生理学教室を経て大正12年より東北帝大医学部・藤田敏彦教授の許に入室、生理学を専攻。

大正15年、函館市の民間病院に赴任するが四か月目に同院閉鎖のため失業。
翌昭和2年より同市の学校衛生技官となり、屋内運動場の防塵法を開発するなど功績を挙げる。
昭和4年、友人が新しく同市に開設した社団法人病院を助けるため、市の技官を辞めて協力し、外科部門を担当して五年間奮闘する。

以上数年間の体験のなかで、民間療法の臨床上の効果に開眼、東洋系物療はもちろん、あらゆる療法を漁って多くの名人達の技術を吸収する。

昭和8年独立して函館市中央部に橋本敬三診療所を開設、漢方を併用、全科で開業。多くの経験を積む。
昭和12年、かねて研究の生体の歪みとその矯正の問題に確信を得たので、その構想をまとめたところへ支那事変が勃発、8月の応召に際し友人に託したこの原稿が「漢方と漢薬」誌に発表される。

昭和15年応召より帰還、一度函館の診療所を再開したが、昭和16年暮れに仙台に引揚げ、現在の住所に温古堂医院の看板を掲げる。
昭和19年暮れ再び赤紙で応召、北朝鮮に配属され、終戦とともにソ連に抑留されたが、昭和23年夏無事帰還。

しばらく戦後医学界の様子を見定めたのち、昭和26年より日本医事新法その他に執筆を開始する。
一方昭和24年より48年まで仙台の赤門学志院東北高等鍼灸整復学校で講義を続け、資格試験委員をも勤める。

この間、運動系の研究を深めるとともに生体の自然法則との関係にまでその理論を発展せしめて、医界への警鐘を鳴らし続けるが、何の反応も得られず、ついに筆を折らんとした昭和50年頃を境に、逆に一般民間の支持を得て一躍マスコミの寵児となり、温古堂先生の「操体法」として世に迎えられたが、平成五年一月二十二日、老衰のため惜しくも他界。享年95歳。

出典「生体の歪みを正す―橋本敬三・論想集―より」

操体法の哲学

操体法独特の考え方があります。
ほかの治療法にはない哲学に魅力を感じ操体法を学び始めた人は多く私もその一人です。
優れた治療法としてだけでなく人生の道標ともなりえます。

自力自療の考え方

一般的な治療法は、医師や施術者が治してあげる立場であり、クライアントが治してもらう立場であるという関係性ですが、操体法の場合はクライアント自身が施術者であり施術者はそのサポート、お手伝いをするという関係性になります。自分の力で自分で治すための知恵が操体法なのです。

自己責任の考え方

操体法では息食動想(呼吸、飲食、動作、精神活動)の4つの自己責任行動と環境の因子が健康状態に反映されると考えます。
健康になろうとするならばそれらの自己責任行動を改める必要があります。

誰かに治してもらうのではなく、自分の責任で意識と行動を変えることで健康になろうとするのが操体法の考え方です。

身体の歪みを直す

操体法では多くの病気や症状は体の歪みに起因すると考えます。
病気や症状として表れているのは結果であり、原因は体の歪みなのです。
ですから根本的に改善しようとするならば体の歪みに着目し、歪みが直るように体を動かせばよいのです。

人間の赤ちゃんや動物は本能で自分の身体の歪みを直しています。
自由に伸びをしたりあくびをしたり、それで無意識にバランスを整えているのです。
人間は大人になるにつれ社会性を身につける代わりに体の声が聞こえにくくなる傾向があるようです。
体の声を聞きながら自分で歪みを直す方法が操体法なのです。

快の原則

生き物は快を求め、不快から逃れようとする性質があります。
橋本敬三先生は気持ちが良いように動くと体の歪みが直ることを発見しました。難しいことがわからなくても自分が気持ちがいいように体を動かすと自然と身体のバランスが整うのです。

操体法との出会い

私の操体法との出会いを振り返ってみます。

パニック障害に苦しむ

私は20歳頃にパニック障害を発症しその後10年以上にわたって苦しんだ経験があります。
大学時代に発症し、社会人になってからも悩み苦しみ続けていました。

病院へ行って薬をもらって飲んでも根本的に解決することはなく、自分なりに試行錯誤を続けていました。

手当たり次第に健康方法を試し、健康本を読み漁っていた時代に操体法の本と出会いました。
最初に読んだ本は「万病を治せる妙療法」でした。
操体法の哲学に触れ、自分で治せるという希望が湧いてきました。

独学で学んだ時代

28歳の時に会社員を辞めてカイロプラクティックのスクールに入学しました。
その頃から操体法の本を読みながらスクールの同級生らに試していました。
今思うとかなり下手くそなやり方をしていましたが、それなりに効果が得られることもありました。

整体院を開業した後もカイロプラクティックの手技と併せて操体法の操法もいろいろ試していました。
うまくいくこともあればなかなか思うような成果が得られないこともありました。

今昭宏先生の操体法講習会

インターネットで検索して今昭宏先生の操体法講習会の存在を知りました。
今先生は橋本敬三先生の最晩年の直弟子として知られる方です。
開業して一年未満の2005年の1月に今先生の門をたたきました。

以来10年以上にわたり今先生のもとで学ばせて頂きました。
操体法の本には書き遺されていない橋本先生からの口伝えの内容もたくさん教えて頂きました。

今先生に会ってはじめに言われた言葉が「私の教える操体を踏み台にして好きなように試してみなさい」という言葉でした。
なんと器の大きな方だろうと思いました。
その思いは今でも変わりません。

多次元操体法の創案

2007年に私の直感に降りてきたのが多次元操体法です。
考えたというよりふと降りてきた感じです。
従来の操体法をベースとして、自分がそれまで学んできた各種手技療法やエネルギー療法や引き寄せの法則の考え方をミックスしたものです。

人間は肉体と同時に精神を宿し、目には見えないエネルギー領域の身体もあると言われています。
そのような多次元的な存在である人間が癒される方法を追究する中で多次元操体理論が降りてきました。

肉体と精神と魂が癒される、そんな整体の在り方を現在も追究しています。

PAGE TOP