更年期障害を改善する整体について紹介致します。更年期は40代後半から50代前半にかけて女性に訪れる体の変化が現れやすい時期です。この時期には女性ホルモンの分泌が減少し閉経を経験し、その影響で様々な体の不調が起こりやすくなります。自律神経失調症のような不定愁訴を感じます。これを更年期障害と言います。このページでは更年期障害の説明と、整体による改善法を紹介します。

更年期障害とは

女性の閉経の前後5年の約10年間を更年期と言います。閉経の時期は50歳前後なので一般的に45歳から55歳くらいまでの期間に当たります。更年期になると徐々に卵巣の機能が低下します。女性ホルモン(エストロゲン)の分泌が急激に減少します。月経周期も乱れ様々な心身の不調が起こりやすくなります。生活に支障を来たすほどの場合には更年期障害と呼びます。

更年期障害の症状

更年期障害の症状は自律神経失調症と同様で人により異なり、様々な不定愁訴が現れます。動脈硬化が進み心臓血管系疾患のリスクが高まります。骨密度が低下し骨粗鬆症にもなりやすくなります。

  • ホットフラッシュ のぼせ 発汗
  • 頭痛 耳鳴り 忘れっぽい
  • 動悸 息切れ 冷え
  • 食欲不振 吐き気 倦怠感
  • 便秘 下痢
  • 肩こり 腰痛  関節痛
  • 集中力低下 判断力低下 不安感
  • うつ症状 無気力

一般的な治療法

更年期障害の一般的な治療法としては「ホルモン補充療法」「漢方療法」「抗うつ薬」などがあります。

  • ホルモン補充療法(HRT):女性ホルモンのエストロゲンを補充する治療法です。
  • 漢方療法:漢方薬を用いて症状に合わせて治療を行います
  • 抗うつ薬・抗不安薬:精神症状が強い場合には抗うつ薬や抗不安薬を用いて治療が行われます

更年期障害改善整体とは

更年期障害を改善する整体について紹介します。更年期を迎えた女性が全員更年期障害に苦しむかと言えばそんなことはありません。女性ホルモンの分泌が減少は避けられませんが、自律神経のバランスが整っている人や免疫力が高い人、心身の調和が取れている人は更年期障害になりにくいと言えるでしょう。

当院の整体は自律神経のバランスを整えることができます。施術と併せて免疫力を高める生活改善のアドバイスやストレスケアの方法もお伝えしています。また自律神経専門の整体としてうつ病やパニック障害や自律神経失調症に悩む多くのクライアント様を快方に導いてきた実績があります。更年期障害は女性の更年期に起こる自律神経失調ですので対策は共通しています。

自律神経を整える施術

どのようにして自律神経を整えるのか説明します。自律神経は交感神経と副交感神経の二種類があり、お互いに連携して働いています。更年期障害の不定愁訴はほとんどの場合交感神経が優位になった結果として生じています。そこで副交感神経が優位になるように整体で体に働きかけていきます。

副交感神経は「心地よい刺激」「リラックス出来る刺激」に反応して活性化します。皮膚や筋膜を通じて心地よい刺激を体に入れていきます。強い力を使う施術はしません。痛みや恐怖を伴うようなことは一切しませんのでご安心ください。繊細で優しい刺激です。眠くなったり深くリラックスされる方がほとんどです。

C触覚線維と副交感神経

スウェーデンのイェーテボリ大学のハカン・オラウソンらが発見した、皮膚を撫でられて心地よいと感じるときに活性化する「C触覚線維」という無髄機械受容器があります。そしてC触覚線維が興奮して快感を生み出すためには皮膚を撫でる速度が関係しています。桜美林大学准教授で身体心理学者の山口創先生によると、C触覚線維の情報は自律神経の中枢である視床下部にも届くそうです。1秒間に5センチの速度で撫でられた時に最も気持ちよく感じると同時に、もっとも副交感神経の機能が高まりリラックス効果が得られることが確かめられたそうです。(「腸・皮膚・筋肉が心の不調を治す 」山口創著 さくら舎より)

この理論を整体の手技に応用すると皮膚への刺激を介して効果的に副交感神経にアプローチすることができます。またC触覚線維はストレスを癒す効果があることもわかっています。

多次元操体法(ヒーリング整体)

当院の整体(多次元操体法)の大きな特徴は手技とヒーリングが融合しているところです。筋骨格系と筋膜のバランスが整うと同時に、目には見えないエネルギー領域のバランスも整います。心身が深くリラックスしながらあなた本来の調和のとれた自然なバランスを取り戻すことが出来ます。

病気の背後に本質的な問題とは?

更年期障害の本質的な問題は、日常生活に支障をきたすほどにあなたの心身のバランスが崩れてしまっていることと考えています。一般的に言われている原因としては女性ホルモンの減少と生活環境のストレスなどが言われていますが、実はその奥に対処すべき問題が潜んでいます。

浅く不規則な呼吸の問題、健康的な生活を維持するために必要な栄養が足りていない問題(特定の栄養素の過不足)、筋力の低下、冷えによる血流不足、運動不足、ストレスをためやすい思考のクセや固定観念等々。積極的に改善できる問題はいろいろあります。

他の病気にも共通することですが、表面に表れている症状に囚われすぎると本質が見えなくなります。根本の原因に目を向け本質から変えていくことが大切です。多次元操体法はあなたが本来の自分を取り戻すお手伝いをしています。症状が自然と改善していくプロセスをサポートします。

整体の流れ

更年期障害を改善する整体の流れを紹介します。

施術前のカウンセリング

カウンセリング

まず施術前に更年期障害の症状やあなたが抱えている問題やストレスについてお話を伺います。症状には必ずその原因となる背景があります。思わぬところに真の原因が潜んでいたりするものです。「夫源病」なる言葉があります。妻の病気の原因の大半が夫に対するストレスにあるという説もあります。夫婦間のストレスが症状を作り出しているケースも多いものです。お話したくない内容については無理にお話されなくても結構です。

お体の歪みチェック

歪みのチェック

体の歪みと自律神経のバランスが関係しています。身体のバランスが調和すると自律神経のバランスも整います。呼吸がしやすく楽に良い姿勢が保てるような身体になります。そのような身体のバランスになると生理機能も高まります。施術前に現状のチェックとしてお体の歪みをチェックします。

しかし当院では歪みを悪いものとはみなしません。あなたが一生懸命生活してきた結果として今のお体のバランスになっているわけです。辛いことを我慢したり大変なことも乗り越えてきた結果のバランスですから素晴らしいのです。現状を受け入れつつ、より楽で調和のとれたバランスにシフトしていきます。

多次元操体法の施術

整体の施術

多次元操体法の施術はとても繊細です。不快な痛みや不安を伴うようなことは一切しません。深くリラックスして脳を変性意識(トランス)状態に導きます。軽いトランスに入り心地よい状態で施術を進めていきます。心を開いて心地よさに身も心も委ねて頂けるとよりよい効果が期待できます。

日頃のストレスからいったん離れて思考を鎮めます。今この瞬間のお体に意識を向けてご自身のお体との対話を進めていきます。お体の声を聴きお体の希望を表現します。内なる叡智と繋がり内側から癒しがもたらされます。

お体の状況の説明

施術後の説明

お体の変化をしっかり感じて頂けるように手技を一手行うごとに検査をして確認しながら施術を進めてまいります。 施術後にその日のお体の状況について説明します。 今後の最適な通院頻度や間隔についてもお伝えします。当院は「治してあげる」のではなく「自分で治せる感性を高める」お手伝いをしています。この感性を身に着けることは一生の財産となります。

更年期障害改善のアドバイス

あなたの更年期障害の症状が早期に改善できますように、生活習慣改善のアドバイスをさせて頂いております。呼吸法、瞑想法、運動指導、食改善指導、思考や感情のコントロール、潜在意識を変える方法、その他あなた様に合わせて優先度の高いことからお伝えさせて頂きます。

私自身が自律神経失調症とパニック障害で長年苦しんだ経験があります。うつ状態だったこともありますが生活の中で出来ることに取り組み自力で克服してきました。それらの経験もすべて今の仕事の役に立っています。あなたが回復して本来のご自分を取り戻し幸せで健康な生活を送るお手伝いをさせて頂きます。

PAGE TOP