自律神経失調症とホルモン

このページではその他のホルモンの働きと身体に及ぼす影響について解説します。

コルチゾールと自律神経失調症

コルチゾールの働きと自律神経失調症との関連を紹介します。

コルチゾールとは

コルチゾールは、副腎皮質から分泌されるホルモンの一つです。ストレスを受けた時に分泌が増えることから「ストレスホルモン」とも呼ばれています。

コルチゾールの主な働きは、肝臓での糖の新生、筋肉でのたんぱく質代謝、脂肪組織での脂肪の分解などの代謝の促進、抗炎症および免疫抑制などで、生体にとって必須のホルモンです。

例えば、その炎症を抑える働きから、ステロイド系抗炎症薬として治療にも広く使われています。

 また、一般に、コルチゾールの分泌は朝が最も高く、夜には低くなり、生体の一日の活動リズムを整えると言われています。

過剰なストレスなどでこの活動リズムが壊れてコルチゾールの分泌が慢性的に高くなると、うつ病、不眠症などの精神疾患、生活習慣病などのストレス関連疾患が疑われると言えます。

コルチゾール|健康用語の基礎知識|ヤクルト中央研究所より

低血糖になると血糖値を上げるために副腎よりコルチゾールが分泌されます。
抗炎症作用、脂肪分解作用などもあります。

コルチゾールと副腎疲労

低血糖を解消するために副腎がコルチゾールを分泌する状態が続くと、副腎が疲労し抗炎症作用が十分に働けなくなります。
その結果として喘息、アトピー、鼻炎などのアレルギー疾患や関節炎などを起こしやすくなってしまいます。

その反対にアレルギー症状に対して副腎が対応し続けることで副腎が疲労してしまう場合には、低血糖に対して十分に対応出来なくなります。
その結果心身に自律神経失調症状が出やすくなります。

アルドステロンの作用

アルドステロンと自律神経失調症の関連について解説します。

アルデステロンもコルチゾール同様に副腎から分泌されます。
血圧の調節をしてくれるホルモンです。何らかの原因でアルデステロンが大量に分泌される原発性アルデステロン症という病気がありますが、主な症状として高血圧になります。

アルデステロンの分泌が増えると体内に塩分がたまります。
低血糖症になるとアルデステロンが過剰に分泌されやすくなるのでその結果体内に塩分がたまり、むくみやすくなります。

インスリンと自律神経失調症

インスリンは膵臓から分泌されるホルモンです。
血糖値が上がると血糖値を下がるために分泌されます。
急激に血糖値が上がる食事をしているとインスリンが大量に分泌されます。

インスリンが大量に分泌されると胃酸の分泌も亢進されます。
カルシウムは遺産の酸度が適切でないとうまく体内に吸収されません。
インスリンの分泌亢進により胃酸の分泌も亢進されカルシウムの吸収が低下します。

カルシウムは精神安定と関係しています。
カルシウム不足になるとイライラすることはよく知られています。
カルシウムの吸収低下は精神的に不安定な状態をもたらします。

それがさらにストレスになり胃酸の分泌を促進します。

胃酸の分泌亢進は胃けいれん、吐き気、下痢、便秘などの原因となります。
自律神経失調症でも吐き気や食欲不振、下痢や便秘の症状を起こします。

甲状腺ホルモンの分泌亢進

甲状腺ホルモンは低血糖時に血糖値を上昇させるために分泌されるホルモンの一つです。
交感神経に働きかけますので急激に分泌されると、手の震えや精神的に不安定になったりという症状を起こします。
交感神経の緊張状態をもたらします。

甲状腺ホルモンには脂肪分解作用やタンパク質分解作用もあるために身体が痩せていきます。
甲状腺の病気による甲状腺機能促進と見分けるために検査が必要な場合もあります。
低血糖による自律神経失調症の場合には、食後に症状が改善したり時間の経過と共に体調が良くなったりという違いがあります。

低血糖による自律神経失調症はさまざまな病気と似たような症状があるので、きちんと見分けることも大切です。
必要に応じて医療機関で検査を行なうことで他の病気と見分けることができます。

医療機関で検査をしても原因がよくわからない場合には食事の改善や整体によるアプローチが有効なことが多いです。

参考文献:「低血糖症と精神疾患治療の手引き」イーグレープ

>>自律神経失調症の整体

関連記事

  1. 自律神経と腸内環境の関係

  2. 対人恐怖症の施術例

  3. 起立性調節障害の中学生

  4. 自律訓練法で自律神経を整える

  5. 線維筋痛症の改善例

  6. 自律神経失調症と糖質制限

PAGE TOP