自律神経失調症

起立性調節障害

朝起きられない、学校へ行けないお子様の親御様へ

近年、起立性調節障害(OD : Orthostatic Dysregulation)という病名を耳にする機会が増えました。小学生や中学生を中心に思春期の子供に多い病気です。子供版の自律神経失調症のようなものです。病院へ通ってもなかなか改善せずにどうしたらよいのかわからずに困っている方も多いです。

子供本人のみならず、親御さんもとてもお辛いことと思います。当院では起立性調節障害について従来の医学や一般常識とは異なる観点からアプローチしています。このページの情報がお悩みの方に何か一つでも参考になれば幸いです。

【起立性調節障害の症状】

・朝起きられない
・頭がフラフラする
・全身がだるい
・食欲がない
・長く立っていられない
・動悸
・不安感
・頭痛
・不眠
・集中力がない

【治らない理由】

まず起立性調節障害に限った話ではありませんが、なぜ人が病気になるのかという根本的でかつ本質的な話をしたいと思います。

この話を理解されると回復に向けての扉が大きく開く可能性があります。

子供さんがだるい、朝起きれない、夜眠れない、立ち上がるとクラクラする、などと言う症状を訴えて学校を休みがちになるとたいていの親は小児科や内科の病院に連れていくかと思います。

そして、血液検査などをしても異常が見つからないと不安になります。ところが、これは起立性調節障害という病気なのですよ、と病名を言われるとある意味安心してしまったりもするのです。

「ああ、うちの子は起立性調節障害という病気だったんだ。病気なんだから仕方がない。」という気持ちも少なからず生じることがあります。まったく原因もわからないことと比べたらそういう病気なのだとわかるだけでも安心するものです。

そして、病気なのだからこれは病院に通院して治してもらえばよいのだ、と思うわけです。ところが、こういう病気は病院に通院しながら精神安定剤や症状を抑える薬を飲み続けてもなかなか思うような改善が見られにくいのが現状です。

そして、お子様の体に精神薬を与え続けることは多大なリスクがあるということを十分に理解して頂きたいと思います。

西洋医学で行われていることは原因を取り除くことではなく、症状を抑えること。つまり対症療法がおこなわれていることがほとんどです。対症療法とは今出ている症状を薬で抑えようとすることです。

しかし、今出ている症状はそれなりの原因があって出ているわけです。本当はその原因に目を向けていく必要があるのですが、原因をそのままにして出ている症状を消すことだけをしていれば、いつまで経っても治らないというわけです。

【根本的な改善のために】

人間は呼吸をして食事をして体を動かして何かを考えて生きています。呼吸、食事、動作、精神活動。この四つは他人に変わってもらえませんから自己責任行動と呼ばれています。

この四つの自己責任行動に環境を加えた5つの要素が、健康と深く関係しています。当院の整体(多次元操体法)のベースである操体法ではそのように考えます。これは大人でも子供でも同じことです。

息食動想の四つの自己責任行動が自然の法則と不調和を起こしているとそれをお知らせするために病気や症状として現れるとされています。

これはどんな病気についても同様に適用される考え方です。ガンであっても肩こりであっても同じです。当然起立性調節障害や自律神経失調症なども同じです。

何かしらの原因が日常の生活の中に存在しているからこそ結果としての症状が現れているのです。

当院では起立性調節障害の症状を一時的に抑えるための治療ではなく、根本的に改善するためのお手伝いと情報提供を行っております。

PAGE TOP