自律神経失調症

自律神経失調症

自律神経失調症について

【自律神経とは】

自律神経はその名の通り自律的に活動する神経です。交感神経と副交感神経の二種類があります。交感神経は興奮、活動の神経です。車のアクセルに例えられます。副交感神経は休息、リラックスの神経です。車のブレーキに例えられます。

朝目が覚めると徐々に交感神経が優位になり、日中の活動を支えます。夜寝る時には副交感神経が優位になり睡眠が訪れます。この二つの神経が繊細にバランスを取りながら生命活動を維持しています。

【自律神経失調症の症状】

身体的な症状:だるさ、疲れが抜けない、頭痛、首こり、肩こり、耳鳴り、不眠、めまい、吐き気、食欲不振、不安感、動悸、息苦しい、微熱が続く、便秘、下痢、のどの違和感、ほてり、発汗、手汗等々。

精神的な症状:不安感、恐怖感、イライラ、集中力がない、気力が出ない、やる気がない、憂鬱、落ち込み等々。

【自律神経失調症とは】

自律神経失調症とは、二つの神経の活動がどちらか優位に傾いたままうまくバランスが取れなくなって様々な症状が発症することを言います。病院で検査を受けてもはっきりとした原因がわからないことも多く、症状を抑えるための薬が処方されますが投薬のみでは根本解決には至りません。

根本的な原因は生活習慣の中にあるので生活改善が必須です。食生活や生活リズムの見直しが大切です。各種のストレスケアも役に立ちます。

【自律神経失調症のタイプ】

自律神経失調症には4つのタイプがあるといわれています。もともとの体質に起因するものや、性格や生活習慣が深く関係するものがあります。

人によって、症状が精神症状が強く出る人、身体症状が強く出る人がいます。あらわれる症状もうつ病や神経症とも似ています。またそれらの病気とはっきりと区別することも難しいようです。

1.本態性自律神経失調症

子供の頃からの、元々持っている体質に原因があります。自律神経の調節機能が乱れやすい体質のタイプです。

体力に自信がない虚弱体質の人や、低血圧の人に多く見られます。病院で検査をしても特に異常が見つかりません。日常生活のストレスもあまり関係しません。

このタイプの人は体質そのものに原因があります。体質を改善するために、食事、睡眠、運動、休息などの生活習慣を見直していくとよいでしょう。

2.神経症型自律神経失調症

心理的な影響が強いタイプです。自分の体調の変化に非常に敏感で、少しの精神的ストレスでも体調をくずしてしまいます。感受性が過敏なため、精神状態に左右されやすいタイプです。感情の移り変わりが体に症状として現れます。

3.心身症型自律神経失調症

日常生活のストレスが原因です。心と体の両面に症状があらわれます。自律神経失調症の中で、もっとも多いタイプです。きちょうめんで努力家のまじめな性格の人がなりやすいです。

4.抑うつ型自律神経失調症

心身症型自律神経失調症がさらに進行するとこのタイプになります。やる気が起きない、気分がどんより沈んでいる、といった「うつ症状」が見られます。

肉体的にも、頭痛、微熱、だるさ、食欲がない、不眠などの症状があらわれます。身体の症状の陰に精神的なうつも隠れているのですが、病院へ行っても、身体症状を改善するための対症療法しか受けられず、長い間、不快な症状に苦しむ人が多いようです。きちょうめんな性格や、完全主義のタイプが陥りやすいです。

---------

当院では、自律神経のバランスを整える整体と生活改善アドバイスを併用しています。根本的な原因にアプローチすると自律神経失調症は改善可能です。お悩みの方はぜひお気軽にご相談ください。

PAGE TOP