自律神経失調症

めまい

自律神経失調症によるめまい

【このようなめまいには要注意】

めまいと同時に以下のような症状がある場合には脳血管障害の可能性がありますので早急に医療機関の受診をお勧めいたします。

・手足に力が入らない
・ろれつが回らない
・嘔吐
・激しい頭痛
・物が二重に見える

【脳血管障害によるめまい】

脳出血や脳梗塞など脳卒中によるめまいは緊急に医療機関の受診をお勧めします。言葉がうまく話せない、顔や手足がしびれる、極端に強い頭痛や吐き気を伴うときはまずは医療機関を受診してください。

【良性発作性頭位めまい症】

良性発作性頭位めまい症は、内耳の三半規管内部を浮遊する耳石が原因となって起こります。寝返りや起き上がるときに頭の向きを変えた時などにめまいがします。耳鳴りや難聴は起こりません。エプリー法とう体操で改善するケースもあります。

【メニエール病によるめまい】

メニエール病は内耳のリンパ液が過剰になり内耳が膨張することによって起こります。自分や周囲がぐるぐる回って感じる回転性めまいがすることが特徴です。耳鳴りや難聴など耳の症状が伴います。

【顎関節の異常によるめまい】

ストレスを感じると顎の筋肉が緊張しやすくなります。表層では側頭筋、咬筋、深層では内側翼突筋、外側翼突筋など。顎の筋肉の緊張は首の筋肉に伝わり、首こりやめまいの原因となります。ストレスからの解放や顎関節周辺の筋肉の緊張を解放させることも必要です。

【ストレスによるめまい】

ストレスにより、顎関節のみならず自律神経のバランスが乱れますからそれによりめまいがすることもあります。

ライフスタイルの見直しも大切です。睡眠不足や暴飲暴食が続いたり、仕事があまりに忙しすぎたり、人間関係のストレスが過剰にかかっていたりすると整体を受けるだけでは改善していきません。

感情を抑圧していると、感情はエネルギーですから身体に影響を及ぼします。

痛みや症状は抑圧したネガティブな感情(怒りや悲しみなど)が原因であるとする説もあります。最近では医学的にもそのような研究が進められています。

ストレスがたまってめまいが発症するケースも多いことから、ストレス対策も大切であると考えています。

【自律神経失調症によるめまい】

内耳の異常もなく、ほかに病因がないのにもかかわらずめまいがすることがあります。めまいの原因は多岐にわたり、首こりや低血糖症、過剰なストレスや緊張などでもめまいが起こります。

原因不明のめまいは整体により心身のバランスが調和することで改善する可能性が十分にあります。めまいでお悩みの方はご相談ください。

PAGE TOP